親密な人間関係においては正常なこと

*私は彼女(彼)に対して怒りを表現することができない一巴斫りにふれて担手に奴消呈竺感じるのは璽帯なことパートナーシップには、対立がつきものです。ですから、対立した点については、ふたりがもっとうまくやれるような建設的な方向で表現することが本質的に大切です。ジョバンニとグレッタは、ふたりともあまり売れていない写真家です。仕事のない日はふたりとも家のなかで過ごします。ジョバンニは読書をして、グレッタは暗室に閉じこもるという具合です。ジョバンニは、「外出しよう、少なくとも暗室を出ようよ」と何回も提案しました。しかしグレッタは、週末に散歩に行こうとか、ドライブをしようと誘われても、まったく反応しません。ジョバンニにとっては〃怒る″という感情はあまりなじみはなかったのです。しかし、グレッタが何ヶ月も彼の外出の誘いを拒み、しかも暗室に閉じこもっていることで、彼はすつかり焦(じ) らされてしまいました。それでも彼は、自分の怒りを表現してしまうと、ふたりが感じている心地よさにダメージを与えてしまうのではないかと心配です。怒りを建設的に表現するにはどうすればいいのかを学習する前に、ジョバンニはこの潜在的な気持ちについての基本的な事柄を学ぶ必要があります。1折りにふれて怒りを感じるということは、親密な人間関係においては正常なことです。2怒りの表現、それ自体は、カップルを傷つけるものではないでしょう。しかし、怒りを怒って表現することは、傷をつけあうことになりかねません。

EZ018_L

Comments are closed.